FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

セミ

●むこう向きのおっとせい その90



公園の木の周りにたくさんの穴が開いていた。

 

セミの幼虫が抜け出た後か、これから出てくるのか。

 

以前に夏の合宿で、幼虫が出てくるところを見てみよう、

という企画があった事を思い出した。

その時は残念ながら上手くいかなかったが。

 

 

セミはどこに卵を生むのか、

生まれた幼虫は、どうやって土の中に潜るのか?

そして土の中でどうしているのだろう?

 

改めて考えると、セミの事はあまり知らないことに気づいた。

 

調べてみた。

 

セミは卵を地中ではなく、枯れ枝に産み付けるらしい。

卵から孵った幼虫は、地上に落ちて、土に潜る。

幼虫の死亡率はこの時が最も高く、

地上に落ちた幼虫の95%はアリに食われて死亡するらしい。

 

アリから逃れた幼虫は、土の中で、木の根っこの樹液を吸って、

暗闇の中でひたすら地上に出る日を待つ。

その間もアリやモグラが襲う。

 

そんな試練を乗り越えて、セミは土の中から地上に出てくるのだ。

 

そう考えると地上で鳴いているセミは、ある意味成功者なのかもしれない。

 

地上に出て生きるのは10日余り。

 

お互いの伴侶を得て、子孫を残し、息絶える。

 

何だか切ない気はするが、やりきった思いであの世に行っているような気もする。

 

この夏も「星くずの村」ではたくさんのセミが鳴くことだろう。

今までとはセミの見方が変わりそうだ。

 

 

今年も何度となく島に行く。

子どもたちと共に、また新たな発見が出来ればと思っている。

 

 

ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.