FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

自分再発見

森山’s Honey Bucket 89

 


 




 生まれて初めて「写仏」を経験した。


 


「写経」はよく耳にするが、「写仏」は聞くのも初めてだった。


 


 原画となる観音様の絵に半紙を重ね、筆ペンでそれをなぞっていく…


 


 


 干支ごとに写仏する観音様が異なるのだが、


 


「同じ観音様を写しても、二人として決して同じお姿にはならない。」


 


「不思議と描いた人に似る。」


 


「ふと、我を忘れる。」


 


など、お世話してくださる方のお話を聴き、


 


いざ、筆を取った。


 


 


 


 


「そろそろ、法要が始まりますので…」


 


「えっ?もうそんなに時間が経ったのですか?」


 


思わずその声を聞いた我が耳と、柱時計を見やった我が目を疑った。


 


 


 


これほどまでに時間を短く感じたことがかつてあっただろうか…


 


 


いや、無いことは無い。


 


おそらくはあったはずだ。


 


しかしそれは、大好きで大好きでたまらない何事かを、


 


ずっとずっと待ちわびて、やっと経験できた…


 


そんな時に限られていたはずだ。


 


 


 


仏様を写す。


 


失礼ながら、ずっと楽しみにし、待ちわびた…ことではない。


 


 


 


一所懸命に、ただひたすら打ち込んだ。


 


我を忘れた。


 


 


ただそう出来たことで、自分の中の大きな「集中力」を呼び覚ましてもらえた気がした。


 


 


自分を前向きにしてくれる材料は、


 


存外身近で出番を待ってくれているのかも知れない。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.