FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

はやぶさ

●むこう向きのおっとせい その95



「宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ」が、

小惑星「イトカワ」で採取した微粒子の初期分析結果が

26日発行の米科学誌「サイエンス」で特集された。」

という記事が26日の新聞に掲載されていた。

 

 

「はやぶさは」 2003年5月にM-Vロケット5号機で打ち上げられ、

小惑星「イトカワ」に着陸、「イトカワ」の表面の試験片を採集し、

帰ってくるというもので、いままでNASAでさえ出来なかった

画期的な事だったらしい。



 

タイミングよく一昨日

「「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」

という番組をプラネタリウムで見た。

 

「はやぶさ」は燃料漏れや地球との通信もできなくなるなど

数々のトラブルに見舞われ、満身創痍になりながらも

7年間・60億キロメートル、何度も宇宙に消えてしまいそうな危機を脱して、

地球目指して「あきらめない」で帰ってくる。

 

そんなに懸命に帰ってくるのに、最後は試料を載せたカプセルだけが地上に降り、

「はやぶさ」自身は大気圏に突入し、燃えつきてしまう。

大気中で燃える「はやぶさ」を見ていると

感情移入してしまって、思わず涙腺が緩んだ。



 

そして今日改めて「はやぶさ」の事をいろいろ調べたが、

すごくドラマチックだった。

 

「はやぶさ」とともに7年間、大変な苦労を重ねた研究員にとって、

「はやぶさ」は我が子のようなものであろう。



大気に突入する直前、JAXAの研究員は「はやぶさ」に最後に地球を見せようと

地球からの操作により、「はやぶさ」の姿勢を整える。

 

 

最後の力を振り絞って写した写真はほとんどが真っ黒だったが、

最後の一枚に地球が写っていた。



    



「はやぶさ」が燃え尽きる瞬間、彼らの気持ちはどのようなものだったのだろう。

 

 

自分の役目を全うして、最後は燃え尽きる。

 

切なくはあるが、その潔さが胸を打つ。

 

 

10月にこの「はやぶさ」をモチーフにした映画が上映される。

それ以降もどんどん映画化されるらしい。

 

 

是非とも見なくては。

 

 

ではまた。








Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.