FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

秋分



森山’s Honey Bucket 97


 


 


 ある人の随筆に、日本のこよみにはアメリカなど西洋のそれに比べ、


 


季節にまつわる記述が圧倒的に多いとあった。


 


 なるほど、節分・立春・春分・八十八夜・立夏・入梅・半夏生・土用・立秋・二百十日・・・


 


そして秋分。


 


 2月から9月までのカレンダーにも四季の節目となる日の記載が数多くある。


 


 


 アメリカでは独立記念日だとか、リンカーンが大統領に就任した日であるとかいった具合に、



人に関わる記述が多いそうだ。


 


 あまり季節にとんじゃくがない例として、アメリカの教科書には、


 


冬を感じさせる文章の挿絵にサーフィンを楽しむ人が載せられていたり、


 


夏の場面に冬の写真が掲載されたり・・・といったことが少なくないと筆者は書いていた。


 


 


 服装に配される図柄を見ても、


 


梅雨時期にはアヤメはショウブといった具合で、その季節らしいものが好まれる我が国に対し、


 


アメリカでは朝用(morning)と夜用(evening)というように、1日の中でのメリハリが意識されるのだとか・・・


 


 もちろんどちらが良い悪いの問題ではないのだが。


 


 


 


 農耕が生活の基盤だったからか、


 


四季がもたらす景観や生活様式の変化に、いつも心を向け続けてきたからか、



この国の人々は四季の移ろいを楽しみにし、大切にする国民性になったようだ。



 自分もまさにその一人だ。


 


 


 秋風が涼しい朝、素敵な空に出会った。


 


 我が家の朝顔(もうそろそろ終わりだが…)の枯葉の上に、ショウリョウバッタの夫婦が仲良く並んでいた。

 


 


 


 まもなく、中間テスト対策・個人懇談会・とうふつくり・先輩を囲む会・・・

 


いよいよ藤原学園の秋の歳時が始まる。ようし、がんばるぞ!



























       





















    





 



Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.