FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ありがとう。さようなら。

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪


2年前、出会いはヨドバシカメラ梅田。

きっと一目見た瞬間に恋に落ちていたのでしょう。

僕自身としては、

「イイなぁ〜。」

位の気持ちだったと思うのですが、そんな軽いものではなかったようです。

一緒にいた友人曰く、僕の目はキラキラしていたらしい(笑

それから数日間、そのことばかり考えていました。

そして1週間後。

無事にGET







お?

あっくんの恋愛話か?






と期待して下さった方、どうもすいません。





出会ったのは素敵な恋人ではなく、


iPhone


です。




そのとき一緒にいた友人に後日聞くと、


「100%買うと思っていた。」


とのこと。


どうも嘘がつけないタイプのようです。




そしてその出会いから約2年。

僕の家にはリンゴマークのモノがたくさんあります(笑


どの製品も単なる機械ではなく芸術品。

一つ一つが僕に感動を与えてくれています。


完全に魔法にかけられてしまいましたね。






2011年10月6日。


僕だけでなく世界中の人に魔法をかけた魔法使いがこの世から旅立ちました。



スティーブ・ジョブズ

享年56歳。






伝説とも言われるスタンフォード大学でのスピーチでジョブズは言っています。


「未来に先回りして点と点をつなげることはできない。

君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。

だから点と点がいつかなんらかのかたちでつながると信じなければならない。

自分の根性、運命、人生、カルマ、なんでもいいから、とにかく信じるのです。

歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。

たとえ人と違う道を歩んでも、信じることがすべてを変えてくれるのです。」




自分の作った会社を追い出されたり、ガンになったり。

その時には失敗や不幸としか思えない出来事が起きたときもジョブズは信じていたんですね。

その点が未来には必ず意味あるものとしてつながると。

そして実際に全てがつながり、あのスティーブ・ジョブズになったんですね。



R.I.P. Steve Jobs


Apple



ハングリーであり続けろ。
馬鹿であり続けろ。
(Apple創設者 スティーブ・ジョブズ)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.