FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

成功者の秘訣

昨日は本部校にて藤原学園伝統の豆腐作りが行われた
大豆をすりつぶす一生懸命さはいつ見てもいい
吹きこぼれる直前に火を止めるハラハラ感も楽しい
そして、ご飯、味噌汁、おからのおかわりを競う顔がまたかわいい



今朝、報道2011を見ていたら長崎ハウステンボスを18年間の赤字経営から
半年で1億3000万の黒字に転換したH.I.Sの澤田秀雄社長の経営手腕が紹介されていた

長崎佐世保に、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた広大な敷地に、2千数百億円かけて作られた
テーマパークだったが、赤字続きで2003年に会社更生法の適用を申請し、何度も社長が交代し、閉園すると
ハウステンボスの従業員だけだなく、関連する3000人の人が職を失う

佐世保市長が「あの人しかいない」と3度足を運んで、再建を願い出た相手が澤田秀雄。 
「3回来られたらいやと言えませんからね」と昨年4月長崎に乗り込んだ



毎朝、スタッフと同じユニフォームを着て入場ゲートに自ら立ち、入園してくる来るこどもたちに大きな声で挨拶し風船を配る

エリア責任者と同行しエリア内を歩き、気づいた改善点を指摘する
このスピーカーの向きはこうしたほうがいい、音はもう少し小さく、

この射的場の1等の景品は貧相過ぎる、もっといいのを置こう

ワンピースの海賊船の船着場前に、スペースがこんなにあるからさっきむこうにあった鹿のキャラクターを置こう(鹿ではなくトナカイのチョッパーだったけど)

オランダの街並みがテーマパークになっていたが、漢字で書かれた弓道場や、中国料理店、日本料理店なども展開した

無料開放のエリアも設け、そこから有料エリアに来たくなる工夫を凝らした

各エリア内に6人の責任者を決め、今まで隣接エリアの従業員は顔を合わすこともあまりなかったが
忙しい店舗に手すきの店舗から人員を導入する役目を果たすシステムを作った

各エリアの責任者達は、自分のエリアの売上が他のエリアに負けてはならじと、アイデアを出しあう



なんと、見事半年で1億3千万もの黒字に転換した


固定概念を払拭して、お客様が喜ぶことを考える


次は豪華客船を買取って、上海と長崎を結ぶ航路を運行する計画があるそうだ



今朝は釘付けで見入った

生野工業高校を卒業し、ドイツに留学してから、世界50カ国を旅した澤田秀雄社長


成功者は大概苦労してきているけど、それをバネに出来る人が成功者になれるんだとつくづく思う

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.