FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

夢を叶える

2012年1月8日
今年初のブログ
昨年は切ない悲しい出来事に見まわれたが
今年は穏やかであってほしいと願う



元旦
南米コロンビアに住む義兄とその息子、甥っ子が義父母宅に帰ってきたので会いに行った
1年ぶりに会う甥っ子は、身長181㎝、体重73㎏ 8頭身の格好いい青年になっていた

彼は21歳、医大生である
医学の道を目指したきっかけは16歳の時
彼の母方の祖母の死だった
彼の母はコロンビア人
義兄はスペイン語が話せたので、26歳の時コロンビアに赴任し
彼の母と恋に落ちて結婚した

小学生の時は義兄の仕事の都合で、一家で浜松に住んだ
そんな環境もあって、彼はスペイン語、日本語、英語はペラペラ、フランス語も少しできる

彼は最初、公立の医大に通っていたが、ストやなんやで思い通りに勉強できないので
私立の医大に移った 
授業料が大変ではないか?と大阪のおばちゃんが聞くと、公立と私立もさほど変わらず、年間30万位と言ってた
日本の某私立大学医学部は、入学金2000万、授業料は年間500万 医学書や研究費などに莫大な費用がかかる
夫婦で開業医をしている私の従姉妹は、娘が医大に入学した時1億借りたと聞いた
借りて返せるのは羨ましいが…お医者様にはお金が無いとなれないなんて…優秀な頭脳も宝の持ち腐れ…

おっと、話しがそれてしまった

年末に、日本一の頭脳王!という番組を見たが、東大医学部、法学部,京大医学部、8ヶ国語を操る超人、
全国模試1位、高校生クイズ最強王、数学五輪金メダリスト、
芸能界№1宇治原が対決し、決勝戦に残ったのが東大医学部と京大医学部だった
脳みそはどないなってるんやろ?と思うほど二人共あらゆるジャンルの知識を持っていた
200年前の地図の、この国は何という?そんな問題がなんで分かるん?
甥っ子も見てたらしく、それは分かったそうだ
何問か解けたよ、と言うので、いつもどれくらい勉強してるのか聞いたら、学校以外では3時間位との返事
そんなもんでいいのか?集中力が半端ないのか?

語学が堪能なので、医学書は何語なのかと問うと、教授が英語の医学書で勉強するのが一番いいと言うので、
英語の医学書で勉強してる、そうだ

家族で居る時はお父さんのことどう呼ぶの?「おとん」、コロンビアでも「おとん」、「おとんはおとん」
なんだかうれし、おかしかった

日本の医学は進んでいるけど、患者を診るならコロンビアで診たい
なぜなら、コロンビアには銃で撃たれた人や、ナイフで切られた人、日本にはもう無い伝染病患者、
様々な患者が来る

僕の師匠はどんな状況の患者も診るし、処置も早いオールマイティー!
僕もそんなドクターになりたい!

16歳で持った夢に着々と近づいている彼は輝いていた



そう言えば、私は小学6年生の時、「お医者さんのお嫁さんになって看護婦さんになりたいです」
と書いた
書いたことすら忘れていたが、同窓会で誰かが持ってきた卒業アルバムにそう書いてあった


近頃の夢は…ボケない老人になれますように…

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.