FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

実験を通して

●むこう向きのおっとせい その118

今日は奈良の私立高校受験がある。

このブログがアップされる時間はテストの真っ最中だろう。

子どもたちはしっかりと闘っているだろうか。


土曜日は入試直前だったので、実験はやめて受験対策の問題をやらそうと思っていたが、
予想に反して子どもたちは実験をやりたいと言う。

5時からずっと真剣に勉強していたから、気分転換にもなるだろうし、
これくらいの心の余裕があったほうがいいかと子どもたちと話して、
実験をすることにした。


取り組んだ実験は「マッチの軸薬作り」

学園恒例の実験でおそらくこんな実験をするところは他にはどこにもないだろう。

薬品を調合してそれを爪楊枝と割り箸に塗り、マッチが完成していく。

子どもたちは実に楽しげに助手の先生方も巻き込んで実験に取り組む。

受験のプレッシャーから開放される時間にもなったことだろう。

出来た大きなマッチには合格祈願の文字が書いてあった。


仲間と共に一つのものを作り上げていく。
そんな時間の中で絆が深まっていく。
実験をしているとそれを強く感じることが多々ある。

やはり実験は素敵だ。



中3生にとっていよいよ正念場の受験が始まった。

少しでも悔いの残らない受験になるよう、あとわずかの時間、
子どもたちと過ごしたいと思う。

ではまた。





Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.