FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

あなたがいないと…

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合いください♪


厳しい寒さもようやく一段落。
凛とした空気の中にも暖かさを感じる陽射しに春の到来を感じる頃になってきました。


春は別れの季節でもありますね。


以前書いた通り、大好きなラーメン屋さん「麺や 紡」さんともお別れをしてきました。


2月29日(水)が最後の営業日だったので、

「最後の週は3日とも行ってやる!」

と張り切っていたら何と1日目は売り切れでした。


学習能力の高い僕なので、2日目は開店時間ちょうどに向かいます。

が、ちょうどについたにも関わらず既に20人ほどの行列。


更に学習を重ねた僕は3日目、開店の20分前に到着しました。

それにも関わらずまたまたの大行列です。


移転の噂を聞きつけた人々がドッと押し寄せた模様。

減ることのない行列を見て、これほどまでに皆に愛されていたお店なんだと改めて思いました。


写真 






いつかは必ずやってくる「別れ」のその時、


「僕たちにはあなたがまだ必要なんです!」

「どうかまだ行かないで下さい!」



そんな風に言ったり思ったりしてもらえるのってどれだけ幸せなことだろう。



「やっとあいつおらんようになるな~。」

「もう二度と帰ってくるなよ~。」


なんて言われたら、ねぇ…(苦笑)






以前、インディアンの世界には正しい死に方があると教えてもらいました。



人の正しい死に方は、生まれる時と逆にならなければならない。


生まれる時は、人は泣きながら生まれてくる。

その時、周りの人たちは大喜びで笑顔で迎えてくれる。


しかし、死ぬ時には本人が「あー、充実した最高の人生だった!」と大笑いして、

周囲がその人と別れることが「嫌だー!」と泣いてくれるのが最高の死に方である。



と。



「死」とは新たな世界への旅立ちです。

間もなく訪れる卒業もそのうちの一つ。

旅立ちを惜しんで涙を流してくれる、そんな卒業になれば素敵ですよね。



「旅立ち」のときにどんな言葉をかけてもらいたいだろう。
そんな視点から日々の在り方を見つめ直してみようかな。 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.