FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

最後は精神力

あれから1年
当たり前の平穏な日常が
突然奪われた多くの人々に
あらためてお悔やみ申し上げます



今朝の所さんの目がテン!で
東大生の勉強法を検証していた

一般の、偏差値40~60の大学生と東大生のノートの取り方の違い

国語の先生が枕草子の授業をするのだが、一般の大学生は説明を聞いて
先生が板書をするのをノートに書き写す
東大生は先生が話しだしてからずっと板書以外のことも書き留める


沢山書くと、重要なキーワードを思い出しやすくなるとのことだった


次は小テストの重要性

東大生は小テストで良い点を取るとモチベーションが上がると話していたが…
一般学生に小テストをしてから本テストに臨んでもらうと点数が上がった


小テストは思い出す行為の練習になり、記憶力が上がるそうだ


最後に、テスト前に東大生はチョコレートなどの甘いものを食すらしい
空腹の一般の学生10人にテストを受けさせ、上位5人と下位5人に分け、下位グループに
砂糖を入れた炭酸水を飲ませ、再びテストをすると、下位グループの方が点数が上がった


テスト前に糖分を摂ると脳の働きを活性化させるブドウ糖を補給出来るので効果があるとのことだった




藤原学園では受験生に試験当日、長い長い伝統の「力餅配り」を専任、助手の先生が手分けして届けてきた
中にあんこの入った、外は縁起を担いで紅白1個ずつの柔らかいお餅だ
なるほど、ブドウ糖補給の理にかなっているではないか…これを食べて頑張れ!

今度の3月16日の公立後期試験にもそれは欠かせない
ところが、私立専願や、公立前期試験でもそれを配ったので
「俺あんこ無理!」「私も無理!」と言い出す生徒が出てきた
無理やり食べさせて気分が悪くなっては意味がない
思案の末、無理な生徒用に団子を注文した

そしたら団子も無理な生徒がいた



さてさて、長い伝統の「力餅」やいかに…



倍率が発表された昨日、何人落ちるか勘定し
その中に入ったらどうしよう…
内申点足らんからあかんかも…
自分の周りはみんな自分より勉強できるから落ちるのは自分かも…


不安は分かる
でも、もう決めたのだし
あとは精神力


絶対に受かってみせるという強い信念を持って臨んで欲しい



Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.