FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ふつう

 ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪


連日真っ青な空が広がり、日中は暑いくらいの陽気。
陽が落ちれば爽やかな風が通り抜ける心地よい日々ですね。



先日、自宅の近くにある料理屋さんにご飯を食べに行ったときのこと。

何を食べようかと楽しみながらメニューを見ているとこんなものが。



「ふつうのサラダ」



ちょっと気になりますよね(笑


気になったので頼んでしまいました。



注文してから料理ができてくるまでの間、「ふつうのサラダ」を想像してみます。


皆さんにとっての「ふつうのサラダ」はどんなものでしょうか?




僕のイメージでは、千切りキャベツの上にきゅうり、トマト、オニオンスライス、コーンなんかがのっている感じですね。


皆さんがイメージしているのと似ていたかな?




そして、店員さんが持ってきてくれたのがコレ。






さらだ 


全然違いますね。


イチゴなんて入ってるし(笑


どこが「ふつう」やねん!


思わずツッコミそうになります。



「ふつうのサラダ」を作る多くの人たちからはきっと「おかしいよ」とか「変だ」とか言われるのでしょう。


ですが、


「別にえーやん。」


と僕は声を大にして言いたい。


このお店にはこのお店の「ふつう」があり、僕には僕の「ふつう」がある。

もちろん皆さん一人一人にも「ふつう」がある。

そしてその「ふつう」がそれぞれ異なっているだけのこと。


また、大多数の「ふつう」から外れた「おかしい」人がいるからこそ世界に新しい風が吹き込みます。



僕の好きな「おかしい」人の一人にAppleのスティーブ・ジョブズがいます。

1997年、彼の復帰したAppleのCMで今日のブログを締めくくりたいと思います。



クレージーな人たちがいる
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち
四角い穴に 丸い杭を打ちこむように
物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない
彼らの言葉に心をうたれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰もできない
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ
彼らは人間を前進させた

彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから

Think different.

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.