FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

「待つ」 ということ

blog_import_4e8961129e7d3.gif

こんにちは

CY ( コンパクト ヨコヤマ )です




「待つ」ということが 「成長」につながるのではないか


ある年の 中3冬合宿で


若江岩田校の女子が 自習勉強の時間に 質問にやってきた


それは 数学の質問

自分で考えて どうしてもある地点から 先に進まなくなったのだろう



考える・・・  解き方を説明する・・・


そして 最後に彼女は 少し怒ってしまった


「何で 全部解いてしまうん?」


「ヒントくれたら また自分で考えたのに・・・」




もっともだった


生徒が質問に来ると つい最後まで解いて 最後まで説明していた

生徒はわかったような表情で 席に戻っていく

しかし 本当に わかったかどうかは

自分で もう一回やってみないと わからないはずだ





この体験から 私は 質問には 最後まで答えないようにしてきた

「ヒントはここまで この先は自分でやってみなさい
 出来なかったら また来なさい」


自分でやって 自問自答して「わかった!」

これでこそ 真実わかったことである



質問する ⇒ 解法を教えてもらう ⇒ 「わかった?」と聞かれる ⇒ 「わかった」と答える

しかし これではテストでは案外できないことが多いものだ


なぜなら  「わかった」と答えてしまったから もうやらなくてもいいと勘違いするのだろう

そして わかったようなわからないようなまま テストに向かう・・・




去年の特錬生たちや 中3の生徒たちは 質問によくきた

そして ヒントだけもらって あとは自分で考えた

学園でも 家でも 自分で考えた


今年の 学園生たちも そのように頑張ってくれると信じている



「待つ」ということは

その相手が「成長」するということ





では また来週金曜日に・・・

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.